ウォーターサーバーのボトルの種類と構造について

ウォーターサーバーのボトルには、リターナブル方式(回収方式)とワンウェイ方式(使い捨て方式)の2種類があります。

リターナブル方式を選択すると空容器はメーカーに依って回収されて洗浄され、再利用されます。


リターナブル方式のメリットは空容器を捨てる手間が省けますし、ゴミを減らすことができます。
逆にデメリットは、容器の外側に傷がついていることがあり、新品でないと気になる人には不向きです。



ワンウェイ方式を選択すると、容器は使い捨てなので空の容器を自分で捨てます。ワンウェイ方式のメリットは、常に新品の容器が利用できる事です。

デメリットは、空のボトルを自分で潰して廃棄処分する必要があることです。
未使用の容器と空容器を置く場所を確保しなければなりません。
天然水を利用する際にワンウェイ方式のボトルが用いられます。
いずれの方式でも衛生管理が徹底されているので、水の品質は何ら問題がありません。



ウォーターサーバーのボトルに取り付けられているキャップは、容器内に雑菌を含む空気が入り込まないような構造になっています。

そのため専用のウォーターサーバーに取り付けた状態でないと、ボトルの水を取り出すことができません。



災害発生時などにどうしても水を取り出したいような場合に備えて、ボトルはキャップを取り外すことができるようになっています。

キャップを破ると取り外すことができ、ボトルから直接水を取り出すことができます。
注意すべき点として、一度でもキャップを取り外したボトルは二度とサーバーで使用することができません。


キャップを破ってボトルの水を直接取り出すのは、非常時の緊急用です。